.

自動車を手放す際、また車両の売却の際も印鑑証明というものが必要になってきます。それではこの印鑑証明について説明しましょう。印鑑証明というのは、ある印鑑に対して、それが実印で間違いないということを裏付けるものです。この印鑑証明がないのであればその印鑑について実印で間違いないという事実が証明できません。大きなお金が動く取引になる車両の売却なので実印が要ることになりますが、その時に印鑑証明が必要となるのです。印鑑証明をつくるためには、あらかじめ印鑑証明をすることが必要です。登録する印は普通、実印と呼ばれこの世に一つだけの判子である必要があります。実印を手配して、役所に行けば、印鑑登録の手続きができます。手続きが済むと印鑑登録カードなるものがもらえて登録した印鑑は実印ということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうためには、市役所などの担当部署へ出向き専用の用紙に必要事項を書いて印鑑登録カードを持って行くだけでできます。さらに、自動交付機でも交付してもらう事が可能です。印鑑証明には有効期限はないのです。ですからどんなに前の印鑑証明であろうが効力はあることになります。しかしながら中古車買取時には、必要になるのは3ヶ月以内に交付されたものが有効とされています。通常は有効期限の定めはないのですが愛車の買い取りのときには、相手側が必須となる有効期限を設定していますので、愛車の売却を予定しているとしたら買い取りが成立する前に手元に置いておくとよいでしょう。