.

交通事故は、あなただけの自損事故と他人が関与した自動車での事故があります。己だけの事故の場合には、自分自身が対応をするだけで完了しますが、自分以外が関与した自動車の事故はお互いにどの程度過失があるのかをチェックして、その結果によって修理のお金や和解のお金の金額等が決定されるので、保険屋さんの人にたってもらいやり取りが欠かせません。大部分の自動車での事故のケースで、お互いに多少なりとも間違いがある場合が大多数で一方だけの落ち度であるというケースは少ないです。当然の事ですが赤信号無視や一旦停止無視などによって起きた事故はかなり大きな落ち度になりますが、被害を受けた側にも注意不足が指摘されます。事故の場面ではどの車のミスが原因で起こったかということがとても大切になってくるのでこの結果を当事者に分かりやすく表した基準が過失割合になります。ひとつの例として、先ほど記述した赤信号無視や一時停止でもそのまま進んだ事情では、法律上事故を起こした人に100%責任があるように考えますが、その場面で事故の原因になった自動車が前方から近づいていて目視で確認できる状況だとすれば被害者だったとしても注意不足として1割ほどのミスがあると判断される場合もあります。よってこの状況では相手9割事故に巻き込まれた方が1割割合となり間違いが大きいとそれなりの責任が問われる事になります。さらにこの割合前の事故判例を目安として結論付けられるケースが大半で日弁連の交通事故相談センターから明示されている基準表のようなものがものさしとして用いています。この過失の割合が高ければ責任、結果的に賠償しなければいけない額も大きくなると考えられるので、事故後の話し合いは本人達だけでなく車の保険屋さんの係りの人を交えて落ち着いてやり取りすることが不可欠です。